2006年06月04日

クーリングオフ

クーリングオフとは、訪問販売などの商取引で消費者が申込や契約をした場合でも、一定期間内(契約書面等を受領した日を含め、8日間又は20日間)であれば、一方的に契約解除する事が出来る制度です。

8日間

訪問販売(訪問販売、キャッチセールス、アポイントメントセールス等)        

電話勧誘販売(電話をかける等して勧誘し、申込を受ける販売)            

特定継続的役務提供(エステ、語学教室、家庭教師、学習塾、パソコン教室)

20日間

マルチ商法(個人を販売員として勧誘。連鎖的に販売組織を拡大する取引)   

内職・モニター商法(提供する仕事に必要だと、商品等を売り金銭負担を追わせる取引)

クーリングオフ出来ない場合
 ★ 価格が3,000円以下のものを買った場合
 ★ 化粧品等消耗品の一部を使った場合
  (布団、学習教材、下着などは消耗品ではありません。)
 ★ 乗用自動車
 ★ 法律でクーリングオフが認められていない商品・役務(サービス)を買った場合
 ★ 通信販売で買った場合

クーリングオフの効果
 ☆ 支払ったお金は全額返金されます。
 ☆ 商品の引取料金は業者負担で、損害賠償や違約金を払う必要もありません

国民生活センター 
全国の消費者センター  
posted by 謎の所長 at 00:35 | TrackBack(0) | 法律解説所の法律用語解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。