2006年06月09日

国選弁護士

刑事事件で逮捕されたり、起訴された人には、弁護人を依頼する権利があります。
しかし、起訴された人のなかには、弁護士を依頼する資力がない人、つまり自分で弁護士を依頼するお金がない人もおられます。
こうした人のために「国が弁護人をつけてくれるという制度」が設けられており、それを国選弁護制度といいます。
 
【関連する記事】
posted by 謎の所長 at 00:37 | TrackBack(1) | 法律解説所の法律手続解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

極悪人の弁護士の心境
Excerpt: 弁護の余地がない極悪人の被告の弁護を命じられてしまった国選弁護士はどんな心境なんだろう。
Weblog: 島谷的舞録゛
Tracked: 2006-06-10 06:04
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。